並行陣後衛ポジション

今日もダブルスゲームクラスへ。
自分のポジション取りで、どこまでロブケアができるか、試してみたくて。
私の身長(158センチ)では、サービスラインより前に入ると、ロブケアは難しい。
(ロブを捨ててもいい状況もある)
サービスラインより1歩後ろだと、後ろのスペースはすべてカバーできる(自分の後ろもペアの後ろも)。
これが私のオーバーヘッドの取れる範囲の限界。
あと一歩、範囲を広げたい。

プライベートレッスンでは、まだゲームの勝ち方は教えてもらっていない。
(ストローク、ボレー、サーブ、スマッシュができるようになったら、ポジション取りや打つコースも教えてもらえるのかな?それとも、そんなことは自分の頭で考えていくことなのかな?)

PS 自分の体勢で打てる場面があれば、私はスマッシュを叩き込む練習をする。
その時に、相手前衛が棒立ちの時がある。
あぶないなあ、と思う。
男性なら、女性を避けて打ってくれるかもしれないが、
女子ダブルスでは、相手前衛足元に打つのがセオリー。
相手がスマッシュの体勢に入ったら、するすると後ろにポジションを下げてほしい。
相手ボディに当てたくはないが、相手を避けて打つのでは練習にならないから。
(スクールに入った時に私はまず教えてもらったんだけどな)


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21675948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-09-25 00:01 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧