プロネーション(って言うのか?)

前回のテニスプライベートレッスンで指摘されて、実は今までずっと知らなかったこと、
アドバンテージサイドからのサーブも(打つ方向に対してまっすぐ向いているのに)、前方に手を出して打つのではなく、左下に振り切る。
よくわからない仕組みだが、ラケットは左下に振るのになぜかボールは右に飛んでいく。

スマッシュも一緒なのかな、と思って、同じ動きで打ってみたら、
ラケットスピードが倍速になった。
力を入れていないのに強いスマッシュが打てる。

このスイングをするためには、ラケットを薄く持たなければならないし、
8の字スイングの中に打点を入れるので、トスを決まった場所に正確に上げなければ、サーブは打てない。
(フォアストロークも、
体の回転の中に打点を入れるので、最初は打点を正確にとるのが難しかった。
でも、1年たってできるようになってきたら、ミスが本当に減った。
どんなボールが来ても、打点に入りさえすれば同じ動きを繰り返すだけでいいから、シンプル)
土曜のコーチは、私がフォルトしても、じっと見ていてくれる、
トスがきちっと上がって、きれいにプロネーションを使って打てると、「よし」と声をかけてくれる。
手打ちで打つと安定して入るんだけど。今は失敗する方を選ぶ。そしてサポートしてくれるコーチがいる。

フォアハンドストロークを変えて、良かったと思う。楽になった。
サーブも、自動機械のようにルーティンで打てるようになりたい。トスから、スイングの動き、まだ理解てきてない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21751477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-10-19 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧