バックハンドストロークは横打ちでもいいんじゃ(だめ)

よくある女子の両手バックハンドストローク、腰の回転を使ってラケットを横に振る。
弾丸のような強くて角度のついたボールが飛んでくる。
立派な武器だと思うのだが。

左の手のひらを上に向けて腕をねじるようにして前に出す両手バックハンドストローク、
どんなボールでも面を当てて返すことができ守備範囲が広くなる。
ダブルスだと武器になると思うんだけど。

テニスを始めたころ、ドイツの友人から教えてもらった両手バックハンドは、
大きな砂袋を後ろから地面をすってきて前に放り投げるイメージで打て。
今だとその意味がわかる、縦回転をかけて打て。前の打点で打て。
そして、現Pコーチにつくようになって、なぜ縦回転が大切なのかも分かるようになった。
アウトミスが無くなる(縦回転のかかったボールは必ず落ちる)、バウンド後跳ね上がる、ボレーミスを誘う、ボールが重くなる。

ドイツでは、ちゃんと最初から教えてもらうテニスの基礎、
日本では、ひとにぎりの、良いコーチに巡り合った人しか知らないテニスの基礎。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21829367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by take_velo at 2015-11-14 13:45
次の日にシャドーボクシングをして気づいたこと、
このバックハンドの動きは、後ろ手のアッパーの動きと同じである。
後ろ手のアッパーは難しいのだが、きちんと体重移動ができて前足の親指に体重を乗せることができたら、強い。
by take_velo | 2015-11-13 08:40 | テニス | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧