球出し練習でストレートに打つ

集団レッスンで、コーチが相手コートの中央に立ち、左右の生徒に(フォアとバックで)ストレートのコースに打たせる。

今の私にはとてもストレス。
前の打点でとらえて、腰の回転を使い、
クロス方向から飛んでくるボールのコースを変えてストレートに打つ、
しかも、ネットは高く、距離は短い。
こんな難易度の高いことをするときは、
ストレート打ちだけをさせてほしい。

Oコーチは、ストレートに(コースを変えて)打つ時には、
決して強打で打ち込んではいけない、慎重に少し山なりに丁寧に打て、と言っていた。

だから、ストレートとクロスのコース打ち分けをさせられたり、球出しボールの球種を変えられたりすると、
私はこの練習には参加しない。できないから。
(集団レッスンでやすやすとできる人って選手レベルだと思うのだけど。
たまにプライベートレッスンでするが、コーチの檄が飛ぶ。
「打点!」「体が泳いでる!」「ラケットが振れていない」「腰はクロス方向に引っ張って」「打つ瞬間、ラケットの方向の微妙な差でコースを打ち分けて!」)

そんな難しいこと、私にできるのか?
「できる!」と、コーチの声が。
はいはい。なんだか私にもできるような気がしてくるから、プライベートレッスンって不思議。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21853321
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-11-20 18:41 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧