左足で動きを止める

インターナショナル・プレミア・テニスリーグで、モンフィスが後ろ側の太もも付け根の痛みを訴えていた。
そうそう、私も同じところが痛い。
ただし、モンフィスは左、私は右足である。
どうしてお尻の下の部分が痛むんだろう、原因は何なんだろう。

サーブでも、ボクシングでも、
私は腰の回転を左足(とくに内ももの力で)ストップすることができない。
身体がそのまま左に流れていく。
自分の身体の弱点である、トレーナーはこの部分をトレーニングするよう、私に勧める。

一日の疲労を取るのに、食事は欠かせない。
フィジカルな部分の修復だけではなく、脳の修復にも食事は必要、
そして、脳は糖分を欲している、筋肉疲労がアミノ酸を必要とするように。
「太りたくない」願望の無い私には、なぜそんなに食事を制限しなきゃならないのか、よくわからない。
バランスよく食べて、運動していれば、
血液検査で引っかかるような、「過度の栄養」障害も出ない。
(最近、カロリー摂取過多でお腹がたるんでいるのは、ダイエットよりまず走らなきゃ)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/21893201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2015-12-04 07:08 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧