そんなにまでして勝ちたいのか、ジャッジごまかし

久しぶりに羽子板テニスゲームに参加、
相手に男子が一人入るから、
速いスピンボールと山なりの無回転ボールにタイミングを惑わされ、
全く自分のテニスができない(>_<)
しかも私のペアが集中して狙われる展開に。

負けが続くと、私のペアがインのボールを全部アウトジャッジし始めた。
本当に、全部アウトコールするのである。
えっ、えっ、えっ!(◎_◎;)

レッスン待ち時間中の練習だし、私は黙ってプレイを続けたが、
自分のテニスが泥で汚されたような気がして、
ずっと気持ちが晴れない。

もし、彼女が対戦相手だったら、
私はしっかり回転をかけて、ライン際を狙わない努力をする。
それでも負けたら、仕方ない、自分の課題に向き合って、あとは忘れる。
でも、今後は彼女と一緒にテニスをするのは避けると思う。
テニス界は小さな世界だから、いつのまにか噂は広がっていくだろう。

今日のゲームでの課題。
・相手の緩いボールをふかしたり、ネットミスする。
コンパクトに振って、苦手意識を克服しつつあったのになあ。
厚いグリップは本当に難しい、まだまだ練習が必要。
・山なりのボールを叩いていくのも、足が止まってタイミングがとれてない。
・デュースサイドからセンターにサーブが入らない、ダブルスではお話にならない。
体が左に回っているのか。
・勝ちたい気持ちの強いペアに勝たせてあげられなかった、彼女を追い込んでしまった。

学んだこと。
勝ちたい気持ちが強すぎると、しばしば成長を妨げてしまう。
結果ではなく、練習で取り組んでいることができたかどうか。

そして、できたこと。
サーブ、ファースト(フラット)とセカンド(デュースサイドからはスライス、アドバンテージサイドからはスピン)を打ち分けていた。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22176852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-01-14 16:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧