シングルスプライベートレッスン

結局、私は一年前からついてもらっているコーチも、最近指導を受け始めたコーチも、必要で大切と結論。
このまま続けていこう、と。
(ゆるされるなら、です)

で、シングルスプライベートレッスンは本当に面白い。
ちょっとだけ高めの目標設定で、
私が打てる球でラリーをしてくれる、
その中で、課題を一つ一つ明らかにしていく。
例えば、バックハンドストローク、
ゆっくりのボールなら、深く返したり、打つコースを組み立てられる。
集団レッスンのラリーで、バックハンドが上手く打てないのは、
相手のボールが速すぎて、
気持ちが慌てて、準備が遅いまま、振り急いでいるから。
自分の打点で打てる感触を脳に叩きこんで、基本を崩さないまま、
レベルを上げていきましょう、と。

フォアハンドストロークについては、まだまだ修正点がある。
(まだ伸びしろがある?)
指摘が具体的で、対策がわかりやすい。
次のレッスンまでに、何をすべきなのかはっきりする。
達成感と共に、チャレンジする気持ちももらえる。

60分ノンストップのレッスンで、
午前中に、10キロウォーキングしてアップしておいて良かった。
最後まで走り続けることができる自分にほっ。

年取って走れなくなったら、
空調完備、カーペットコートのノ○テニススクールに戻ろうかなあと思っていたけど、
今のコーチのレッスンで、私のレベルに合わせてもらって、ずっとシングルステニスの楽しさを味わうことができたら、
私のテニス人生は最高に幸せをかもしれない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22288796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-01-26 14:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧