12-1月期最後のゲーム

土曜レッスン、ゲームに臨むにあたって自分の中でたてた「課題テーマ」は達成できた。
(女性の短いふわふわサーブを、回転をかけてしっかりと打ち込んでいく)
でも、オーバーヘッドの処理はすべてミスしたような気がする。
特にバックハンドのハイボレー。(T_T)

日曜のレッスン前、大きな窓ガラスを鏡にしてフォアハンドストロークの素振り練習(ラケット面を前に向けたままテイクバックし、ラケットをいったん落としたところから振り切れ、と言われている)のついでに、
バックハンドストロークと、このバックハイボレーのラケット面の確認もした。
ラケットを左上に高く上げても、ラケット面は返球方向にまっすぐ向いていること。

フォアハンドストロークは、以前に比べてミスが激増!しているが、
(タイミングが合えば、男性のラケットを吹き飛ばしている感触あり)
サーブ練習で、スクールコーチたちに「サーブはまずはとにかく入れましょう、入らないことには話になりません」と言われ続けながらも、
プライベートコーチの「1年我慢して振り切る練習をして。サーブ習得には1年かかるから」の言葉を信じて、「入れに」いかなかった。
最近やっとサーブが形になり始めていることを思い出し、
フォアハンドストロークもグリップを変えるといったん決めたのなら、形になるまでやり続けようと。

体調が悪かったので、
サーブは手首を脱力して、親指と人差し指だけでラケットを握り、
トスを上げた時にはラケットの重さで頭の後ろでラケットが下がり、
ボールに当たった後は、振りの勢いでラケットが内転の動きをする、その一連の動作で無理なく打つようにした。
コーチに指摘されたのだが、この打ち方をすると、
ラケットが体のあとから出てきて、ラケットヘッドが「走る」のだそう。
全く力を入れていないのに、いつもと同じようにサービスエースを取る。
(ただし、足の力も使えていないし、ボールに回転をかけることもまだできない)
2時間を超えるような試合、体調が悪い時の試合、暑い夏場の試合は、
この打ち方で体力を温存するのも今後の「武器」になるだろうなあ、と思った。

異論もあるだろうが、
私は体調が悪くても、熱があっても、仕事は休まない。
同じくテニスも休まない。
コンディションの悪い時には悪い時なりの対応の仕方があると思っているから。

今日はサーブで思わぬ収穫があった。

PS 苦手な女性とペアを組んで最後のゲームをすることになった。
相手のサーバーがダブルフォルトをすると、大きな声で「ラッキー」と喜ぶ。
私はこれが嫌い。
自分のテニスが貶められるような気がするから、無視。
自分から仕掛けて取りに行ったポイントなら別だが、こちらが何もしていない時の相手のミスは自分には関係ないと思うのだが。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22329244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-01-31 16:15 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧