本屋でテニス本の山にびっくり

春休み中は、一日の中にぽっかりと長い空き時間がある。
空き時間に本屋や文房具屋に寄るのは、休暇ならではの楽しみ♡♡

大型ブックチェーンで、テニス本が山のように積まれているのを見てびっくり。
テニスって競技性が高いから、一刻も早く他人より強く上手くなりたくなる。
そのための「ハウトゥー」本のニーズは高いんだろうなあ。

でも、現実は、いくら練習しても、いくら理論を学んでも、結果はついてこない。
負けて、負けて、負けて、の繰り返しの毎日。
長い長いトンネルの中にいるような気分。

プライベートコーチに、サーブ練習時に後ろから言われた言葉。
「いったいタケさんは何を目指しているんですか? もっと遠いところを見ているんじゃないんですか?」
…そうだった。

平積みされたテニス本の中から購入したのが、
『テニスは「構え」で変わる!』。
何が書いてあるやらさっぱりわからないのだが、
(テニスとボクシングでは、骨盤の構え(前傾・後傾)が逆になるが、
どちらがより運動に適しているかではなくて、
ボディを防御する必要があるか、相手との接触戦かどうか、の差にすぎないと思うのだけど。
いずれもコーチのフォームの「ものまね」で問題無し)
コラム「日本人と外国人」を読んで、私は100%外国人だなと実感、
無意味な練習、心地よくない練習には参加しないし、腹が立ったら途中で帰る。
それを我慢して受け入れる日本人生徒(が本当にいればの話だが)は、単にコーチにとって都合がいいだけなんじゃないですか、著者さん。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22418171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-02-11 09:49 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧