多様性が認められる社会に

25年前、私はいろいろなところで、
「子供を持った女性は仕事をやめるべきだ、もっと大切なことがあるはずだ」と言われて、
さまざまな「当番」を与えられた。
そのたびに、
「大学の授業を休むわけにはいかない。
夏休みや授業の無い曜日に、割り振ってほしい」と、訴えてきた。
幸い、
「大学の授業よりごみ当番や集団登校班当番の方が大事だ」と言われることはなく、
多くの方の理解と協力(少数の方の非難中傷も)を得て、今まで生きてこれた。

家人の家はまだコミュニティの残っている地区で、
「当番や、祭事の受付・茶くみができないのなら、ここから出ていってほしい。
できなくて、今までにもマンションに移り住んでいった人もいる」と言われ、
久しぶりに怒り心頭に発した。
コミュニティは大切だが、それは生きていく上での最優先義務ではない。
いずれ年を取って、掃除当番ができなくなった時、
「あなたはこのコミュニティの迷惑だから出ていけ」と言われるのだろうか。

テニスを始めたころ、
男子と女子のグループに分けられて、女子はいつもボール拾いだった。
男子の練習が終わったころに、女子はおまけ程度にゆるゆる打たせてもらっていた。
市の講習会だったので、その時もキレて市に陳情に行き、身近にいた外国のテニス関係者に愚痴をぶつけた。
その国のテニス関係者から「テニスするならこちらにおいで」と誘われて久しい。

大人らしく、もっと穏便に解決策を探ればいいのだろうが、
私は問題の根元にある「偏狭な考え方」が気になって仕方ない。
いつまでたっても、女性は仕事より「(主婦や母親としての)当番」が大切なんだろうか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22468290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by matsunorida at 2016-02-16 21:18 x
なかなか興味深い話ですね、偏見もありましょうし根本的な部分でいつまでたっても男性が駄目(生活における当番や細々した事への参加に対して)なんでしょうね、そういう意味では男性は未だに働いてるんだからそのほかの事は女子がしてよね的な部分がありますが先進国でいつまでもこんな考えにぶらさがってるのは日本だけではないでしょうか?諸国では出来る事をてきぱき分担しているように想います、結局そういう部分も偏見を予兆するファクターなのではないかと思いました
Commented by take_velo at 2016-02-16 22:06
男性も同じ意味で生きづらい国ですよね。たとえば、大学教員は平日昼間に家にいることも多いですけど、「あの人何してるの?」と、じろじろ見られて噂の的になるんだそうです。
人と人とのつながりは大切にしたいですが、できることを自主的に、がベースになってほしいです。
by take_velo | 2016-02-16 09:18 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(2)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧