コートの外へ打たないように

プライベートレッスンで、ずっと注意されていること、
もっとコートの内側に打ってつなげるよう、
ギリギリライン際を狙ってアウトミスしないよう。

今日は風が強く、打点が定まらず、狙って打つ余裕は無かったのだが、
無意識に打つボールは全部外へ外へと散っていく。
意識して打たないとコートの内側には入らない。

で、一年ついてもらっているプライベートコーチの言葉を思い出した。
アプローチショットも、つなげるショットも、コート中央にいる球出しコーチに当てて打て。
避けて打つ限り、少しの誤差でアウトするから。

今日のシングルスプライベートコーチにも全く同じこと言われた。

意識を変えなきゃ。
無意識にライン内側に打てるように。

私はテイクバックが大き過ぎて降り遅れる癖があるのだが、
最近は全く肩を入れずに横着してラリーをしているらしい。
これも、球足の速いボレーストローク練習の弊害と思われる。
ワングリップといい、手打ちといい、
楽な方に崩れていく自分のテニス(>_<)
明日までに修正しておこう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22471408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by take_velo at 2016-02-18 07:57
ラインより内側90センチに打つ、ってどうやってすればいいの?と、プライベートコーチに聞いてみた。(ラインを狙って打つのは簡単)
「だから、ボールを打つ時はセンターベルトの上だって言っているでしょう、そこをめがけて打てば、自分の位置がどこだって、相手コートに入りますから。で、そこをめがけて打てば、集団レッスンの球出しコーチに当たりますから」
だは。そうだった。私ってどうしてこう健忘症なんだろう。言われたことすべて100%定着してれば、今頃私はテニスの神様だ。
by take_velo | 2016-02-16 15:30 | テニス | Trackback | Comments(1)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧