できるようになったこと できないこと(ふりかえり)

ストロークラリーで、正しい打点にさえ入れば、同じリズムで打つことができる。(バックハンドもフォアハンドも)
トスさえ上がれば、同じリズムでサーブを打つことができる。
相手のボールに勢いがあれば、スライスボレーで攻めることができる。

できないのは、常に正しい打点に入ること。トスを安定して上げること。勢いの無いボールをボレーすること(特にハイボレー)。

好きなこと、スマッシュ。スイングボレー。逆クロスの打ち込み。
嫌いなこと、前後の揺さぶり。深くて弾むバック側のボール。

そして、気が付いたこと。
今まで(1年半)プライベートレッスンで延々と取り組んできたことが、できるようになりつつある。
でも、ゲームで勝つことを考え始めると、とたんに崩れていく。
あと少し。(特にサーブ。5月で1年になるよ)

今年から指導をお願いしているコーチに教えてもらったこと。
・バックハンドボレーの逆クロス
・厚いグリップでのフォアハンド(特に高い打点)
・どんなタイプのプレーヤーであっても、相手のボールへのタイミングの合わせ方
それぞれ1回のレッスンで、理解できる。
優秀なコーチだからか。相性が良いからか。それとも、私に基礎力がついたからなのか。

PS 最近、ダブルスゲームや集団レッスンで身体が冷えてたまらない。
相手が打たせてくれないのなら、私も打たせてあげない。
相手が前後に組み立ててくるのなら、私も前後に揺さぶる。
省エネテニス。でも、これでは、永遠にコーチの目指す「流れるようなテニス、自動化されたテニス」ができるようにはならない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22505303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-02-21 15:59 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧