初めてシングルスラリー(プライベートレッスン)

私がシングルスゲームをするようになったので、
(本当は、もっと基礎が固まって、ゲームの中で安定してプレイができるようになるまで待ってほしかったのかもしれないが)
初めてプライベートコーチとシングルスラリーをした。

背が2メートルある(わけない)長身なので、
私のボールが若干短くなると、そこから打ち込んでくる(@_@)
(これって、普通のコーチが勧めるボールの長さなんだけど…アウトミスを避けるため、サービスラインより深く打てればいいよって言われるのだけど)
「このラインより深く打って。ボールに回転がかかるようになったのでアウトはなかなかしないから、小さくならず振りきって」と、置かれたコーンの位置はかなり遠い。

コーチの打つベースのボールは、高く弾むんだけど、
ドロップは止まる。
スライス(主にバックハンド)はサイドスライスもかかって伸びて滑ってくる。いらいら。

「足を止めない。動き続けて。リズムとって。
馬鹿みたいに真ん中に戻らなくていいから。
クロスに打ったらクロスに帰ってくる確率は7割。その7割に備えたポジションで。
ストレートに打たれても、走れるでしょ」

今日のレッスンは私がポイントを取るまで終わらない、と言われて、
プレッシャーの中、
サービスラインより少し深い位置に落ちたボールをコンパクトにたたいた。ウイナー。
おおお。このボールは、チャンスボールなんだ。
いずれ、強い人と当たるようになったら、今の私のベースのボールではすべて叩かれてしまう…

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22508551
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-02-22 09:11 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧