打つボールの質が違う(T_T) 今日のPレッスンより

今日のシングルスプライベートレッスンに、ヒッティングパートナーが入られた。
ぐりぐりスピンボールを打つ男性。
私の頭くらいの高さのボールがベースライン上でぐっと落ちて、それからまた弾む。
ワイドに打たれたボールは、どんどん外へと逃げていく。ああ、お手上げ。

これまでのプライベートレッスンでも、
「球出しで打てているボールがゲームの中でもきちんと打てれば、簡単に相手にゲーム主導権を握られることは無い。
でも、今のタケさんは、実際のラリーでそのボールが打てない。
打てる確率を少しずつ上げていけばいい」と、言われている。
それにしても…格が違うというのはこういうことか。
私の打つボールの質が悪すぎる…
がっくり?しょんぼり? まさか!!! 負けん気が、ごおおおっと燃えてきた。

後半は、シングルスプライベートコーチが私のレベルに合わせた球を打ってくれる。
そして、もっかの課題を私がひとつひとつクリアするのを確認していく。

岡コーチが、女性の生徒さんたちから、
「私たちにはこんなすごい球を受ける機会なんてないから(レディーステニスには無意味)」と言われるたびに、ちょっと悩んでいたことを思い出す。
私はそんな「すごい球」がいつか打てるようになりたかったから、打ってくれてうれしかったんだけどね。
生徒さんのレベルに合わせたボールを打つって、コーチの技術なんだよね。

で、この弾むスピンボール、生きたボールをどうやって返すか。
(どうやって打つか、は、シングルスプライベートコーチが「グリップをまず変えなきゃね」と教えてくれた、そっか。厚いグリップか!)
後ろに下がれ、と言われたけど、
1、2メートル後ろに下がると、老いゆく私には「将来」が無い。
だから、きっとライジング。
岡コーチも、男性の打つ深いボールはすべてライジングで返していた。(そのライジングが常にカウンター攻撃になっていた)
予測と反応。やっぱりここでもゲーム経験の少なさと、反射神経の衰えがネックか💦

今日のレッスンは、筋肉が冷える間もなかった。心肺がついていけるかどうか、途中不安だった。
よかった、昨日階段ジョグをやってて。40分動ける身体になってて。
テニス、楽しい。たのしすぎる。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22516129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-02-23 18:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧