ものまねしが迷う

シングルスプライベートレッスン後半30分は、リターンゲームの練習。
コーチのサーブ、派手なトロフィーポーズも無ければ、ジャンプもない、ラケットを高速で振り回すわけでもない。
でも、ワイドとセンターの打ち分けは正確にラインにのせてくるし、ボディは深くて伸びてくる。
こんなサーブが私も打てたらいいな、私でも打てそう。
と、思ってよく観察してみると、同じ動作をえんえん繰り返してる、トスの位置もいっしょ、ラケットの振り上げ方も、打つポイントも、打ち終わりの位置も。
打ち出す角度を若干変えるだけ。
一万回でも同じリズムで打ち続けていそう!(◎_◎;)

私は同じトスを3回上げることもできない(>_<)

センターから始まるラリーで、コーチは簡単にコースを変えてくる。
私はすぐにサイドアウトするのに、なぜ?
よくフォームを観察すると、ラケットの振り終わりの最後に少しひっかけるようにしている。

低い短いボールも、突き刺さるような弾道で打ち込んでくる。
スライスらしいが、謎。

私は、どんなスポーツでも観察しているだけでできてしまう「ものまねし」なんだが、
このコーチの物真似はできそうにない。
不思議。ミスが本当に無い。

あ、一度だけものまね、低くて短いボールを低い弾道で打ち込めた。自然に。

コーチのテニスはとってもレベルが高いんじゃないかと、初めて気づいた。
(ごめん、いつも「自分は下手」が口癖なコーチなので(笑)

PS 来週は私のテニスの動画をとる。
今まで、試合と動画撮影は断固拒否していたのだが、なぜか今回も「はい」と答えている私。
なんでや〜〜!
不思議だ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22544915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-03-02 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧