シングルス練習会(ハードコートにて)

最初のゲーム。
キックする相手のサーブを全くリターンできず。(T_T)
でも、私もサーブで相手にチャンスを与えなかった!
ずっとサービスキープが続いていたけど、最後のゲームで私がダブルフォルトを2回して負け。
課題:セカンドサーブは100%の確率がほしい
   曲がるボールを目で追いかけすぎて、足が止まっていたらしい(コーチの指摘)

次のゲーム。
いつも私の方が先にゲームの優先権を握るのに、コーナーに打った攻めのボールをスライスで返球してくる。
そのスライスボールを決めきることができず完敗。
課題:1度で決めきれなかったときの、その次の決め方スライスの処理
確か、ネットより低いボールを決めるのは難しかったんだっけ、それを無理に決めに行こうとしたのが間違いか。オープンコートはできていたのだけど、もう一度組み立てなおす必要があった?

最後のゲーム。
初めて女性と対戦。
先日言われていた通り、女性の苦手なバック側の高い打点に打ってみたが、何度打っても深いボールが返ってくる、この女性はとても上手な方だ。
不器用な私なんだから変に策を弄さず、自分らしいテニスをしようと決める。
サービスゲームをブレイクされたかと思ったら、私もすぐにブレイクを返し、シーソーゲーム。
でも、結局彼女の方がボールコントロールやゲームメイキングがうまく、前後の揺さぶりでミスを重ねて負ける。
課題:短いボールのフォアハンドの打ち込み。
ゲーム前のバタフライ練習の時から、フォア側の短いボールをホームラン連発していた、今日の課題だろうなあ、と思っていた。
最初はバック側を攻められていたんだけど、前ゲーム対戦相手のスライスを身体が覚えていて、私もスライスでカウンターポイントを取っていた。(低い弾道のスライスを流すように打って相手のミスを誘ったり、スライスのロブを上げて相手のラケットのフレームに当てたり)
でも最後には、フォア側に短いボールを集められて、負け。さすが、私の弱点を把握するのが早い。

最後の対戦相手の女性から、私の両手バックハンドのストレートと、片手バックハンドスライスをほめられた。
特にストレートは、「普通の人には打てない」とまで…💦
いや、私の武器はフォアハンドのはずなんですけど…フォアに回り込む練習はたくさんするけれど、バックハンドの練習はほとんどしないような…💦
フェアな女性で、根拠のないお世辞を言ったりするような方ではないから、素直に喜ぼうと思う。

ムーンボールにムーンボールで対抗して手打ちの守りのテニスになっていた自分が恥ずかしい。
もっともっとフットワークを鍛えてしっかりと打っていかなきゃ。
次はオムニコートで女性シングルスゲーム。課題を意識して練習しよう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22595773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-03-13 20:06 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧