1年後にどこまで上手くなるのか

授業を始めるにあたって学生から必ず出る質問。
「先生の授業を受けて1年たったら、どこまでフランス語ができるようになりますか」

スラスラと会話ができるようになります、と言えば嘘になる。
簡単な自己紹介ができて、必要最低限のことがフランス語で言えて、
辞書があれば、難しいことも理解できるよ、と答える。

「テニスレッスンを受け続けたら、私のテニスは上手くなりますか?」
プライベートコーチの答えは、オープン戦でなければ勝てるようになるよ、と。
シングルスプライベートコーチは、ベテランのシングルスなら結果が出るよ、と。(プライベートコーチは、テニスを始めるのが遅すぎたから無理かも、と懐疑的であるが)

スクールをやめようかなあと思ったのは、
スクールは、上手くなる所ではなくテニスを楽しむ所だよ、と言われたから。
誰も上手くなろうなんて望んでないよ、と、
1年後のビジョンを持つことを否定されたから。

「私の授業に来てもフランス語をできるようにはならない、ここは楽しむ所だからね、ゲームして歌を歌って映画を見て、1年後には卒業ね」
って言ったら、誰が授業料金を払ってくれるんだろう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22722410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-04-17 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧