シングルス試合

始めて、自分から積極的に組み立ててゲームができた(^O^)/
相手のバックに深く打って前に出てオープンコートにきめる。
あるいは、クロスに深く打ってストレートに決める。
何本も何本も。

課題。
角度ををつけて打ったボールが、スライスでさらに角度がついて返ってくる。
あるいは、相手が差し込まれて高く上げたボールを、前に出て叩けなかった。
次回は意識してポイントを取りに行く。

3人での予選リーグで2敗し、
全敗したもの同士で決勝。
なんと最後の方が一番うまかった。
でも、ミスも多い。
お互いのミスで3:3。
ここから集中して、3ゲーム連取。
ゲームを終えて握手しようとして、「まだ3:5です」と言われる。
えー、私はゲームカウントを宣言してからサービスに入っていたのに、ここで異議か。
すっかりやる気を無くして逆転負け。

ミスの少ない方が勝つという女子テニスの中で、私は何がしたいのか。
自分でもよくわからない。
でも、家人は試合に出ていく私をからかいながらも、
「遊びじゃなかったんだねー、本気なんだね」とリスペクト。
シングルスプライベートコーチは、「今取り組んでる練習が試合でもできたね、でも、まだまだやることはいっぱいだよ」
と、すでに前に進んでいる。
プライベートコーチは、明るく爽やかに笑った後で、
「勝ち負けなんてどうでもいいんです、できるようになったことが一つでもあつたんなら良かったじゃないですか」と。

鈍刀(私のテニス)はやっぱり鈍刀のままだが、私はとても成長したような気がする。
そして、試合ではセカンドサーブもスライスも打たなかったが、そろそろ打ちたいなあ。だって負けるのはいやだもん。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22733356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-04-20 14:32 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧