ショートメモリー

ある女子プロテニス選手が、
「私たちは毎週負けているんだから、ショートメモリーが大切なの。
過去の対戦成績なんか気にしてられない」と言ってた。
(確かに、優勝する選手以外、どこかでみんな負けている)

私もショートメモリーについては自信がある。
過去は引きずらない。
でも、どうやら、大切なことをすぐに忘れ、つまらないことをいつまでもどこかでくよくよしているような気がする。(笑)

昨日のスクールレッスンで、珍しく自分のテニスに満足したのは、
その前の日に「足だけに集中して。手の振りとか面の角度とか、ほかのことは全部忘れて」と言われていたことを実践できて、
コーチのラケットをはじいたり、フレームショットにしたり、身体をのけぞらせたり、
バウンド後、自分のボールが伸びていることを実感できたから。
これでいいのか。
(ただし、コーチは私の打点に打ってくれる、ゲームでは、私が打てないところに打ってくるから、同じように行かないことは百も承知)
フォームに意識を集中すると、少しでも打点がずれると全く打てないし、
高速スピードが出るわけでもないし、ノータッチエースが取れることもない。
それで満足する意識が大切なのだと分かった(ということを書くのは自意識過剰で恥ずかしいが、忘れてはいけないから書いておく。できたことを書いていく習慣が大切と、これもコーチに言われたから)

今日は、日中予定が全く無い。
テニスに行こうかなあ、とちょっと思ったけど、身体を休める。
(ひじとひざが重い)
夕方にボクシングジムに行ってきます。(^O^)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22744745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-04-24 09:12 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧