ラケットを変えようかな

Pコーチから、「バボラーのラケットはもう無理なのでは?」と言われた。
ラケット面の根元部分の形状が平たいものではなく丸いものの方が、筋肉の無い女性や高齢者には使いやすいらしい。
いろいろ試打ラケットを試したうえで、一番質の良いボールを打てるのがバボラーアエロプロだったんだけど、
新モデル「ピュアアエロ」は前モデルとはまた別物で、私には合わないのかもしれない。
重いし(平たい形状ゆえ、空気抵抗が大きいらしい)、アウトミスが多すぎる。

テニスプライベートレッスンは身体の動かし方の説明から始まったが、
1年半たった現在では、たまに(あまりにパフォーマンスが悪い時に)ラケットを横に置いてトレーニングする。

ボクシングジムでは、縄跳び(「トランポリンと同じ効果があるからね」とPコーチに言われている)と腹筋は必須で、
スポーツクラブではいろいろな重さのメドゥスンボール(先日、シングルス練習で使用した)が置いてあり、ひとりでひねりの練習をする。
長い間控えていたランニングのかわりにステップマシーンも始めた。

Pコーチから、「試合に勝つ方法を知りたかったらいつでも言ってください。レッスンの目的を変えますから。でも、そこまでの(進化する可能性は無い)テニスになりますからね」と告げられて、
私は勝敗ではなく自分のテニスレベル向上を選択したが、
身体がタイムリミットを告げ始めている。
ラケットを変えることも視野に入れ、身体のコンディションを整えて、
「ナダルやヒンギスに遠いどこかでつながているようなテニス」を、もう少し追いかけていきたいな。
見果てぬ夢。子供の頃の「自分の限界をまだ知らなかった」わくわくする気持ち。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22754240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-04-27 08:25 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧