今日のコソ練(サーブ)

球出しレッスンのあとは、コートをレンタルして、サーブ練習。

シングルスプライベートレッスンでは、サーブの練習はしない。(一人で練習できるから)
動画を撮影したときに、ラケットを肩に担いでラケットの振り出し方向をレクチャーされ(この打ち方、テニスを始めたころに我流で打っていた打ち方といっしょだった)、
先日(GW前に)、私があまりにサーブで悩んでいるので、10本ぐらい実際に打つところを見てもらった。
「ひざを曲げて(トロフィーポーズ)、前足で飛んで(フラットの速いサーブ)みて」で、できた。所要時間5分。
でも、コーチの前だからね、メンタル強くなるからね、一人でできるかどうかは別問題。

で、結論。
ファーストは50%くらい入る。セカンドは80%くらいか。
上手く打てたら、練習仲間の男性が打つサーブといっしょの軌道だ。スピンに近いスライスサーブ。
サービスライン際で落ちる、そして、バウンド後は後ろの壁までノーバウンドで伸びていく。
もう私には十分すぎるサーブ。
さらにコントロールをみがき、そして回転量を調節して威力アップしたい。
(と言うと、きっとPコーチは、「ファースト(身体の前で)とセカンド(スライス)の両方をマスターしろ」と言うんだろうな。
でもね、190センチの男性のサーブは私には打てないよ。イメージできないよ)

(´ー`*)ウンウン 困った。どうするべきか。
結論は出ているんだけどね。自分のテニスだから自分で決めたらいいんだ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22803079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-05-12 18:28 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧