暑いぞプライベートレッスン

暑くて夏バテしそうだったが、コーチは合宿疲れで私よりずっとバテていた。(笑)

ラリー、ひねり戻しを「きゅっ」としようとすると、ボールも強くなる。
「戦っているわけじゃないんだから、もう少しゆったりと振れないの?」と言われるが、
ゆっくり振ってラリーをすると、すぐに「手打ちするな~!」と雷が落ちる。
下半身はキレよく上半身はリラックスして打て、とは、
なんて難易度高いんだ。
アウトしても「それでいい」と言いながら返してくれる。ほんのちょっとの打点の差でジャストアウトするのはいいんだそう。

サーブ。
体幹軸の後傾を、ジェスチャーで直してもらうこと1秒、
ボールがライン際で落ちるようになった。

いつも私の横に立っているコーチがリターンに入り、
私のサーブを打ち込み始めた。
2メートル近い長身のコーチがジャンプして渾身の力で叩いてくる。💦💦
そのとたん、私のサーブはフォルト、フォルト、フォルト、全部アウトやネットするようになった。
修正不可能。(T_T) レッスン最後まで、入らず。

「メンタルやられているじゃないですか。
相手はこうやってタケさんのサーブをつぶしてくるんですよ。
なんでプレッシャーそのものをもっと楽しめるようにならないの?」
確かに試合になると、練習のようなサーブが打てない。
っていうか、コーチが横に立ってくれないと、なかなか「自分のベスト」のサーブは打てない。
「仕事ではプレッシャーを楽しむことができるんですけど。プレッシャーがあればあるほどその後の達成感が大きいから」と答えると、
「仕事には自信があるからでしょ。
そうそう、何度も言うけど、テニスは1週間しないでね。上手になりたければ、ボールは打たないでね。
イメージトレーニングと素振りだけして、次のレッスンに来てね。
(積み上げたものをすぐに崩している限り、自信もイメージもついてこないからね)」

丸一週間スクールを休むか。次期は退会するか。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22908559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-06-15 21:27 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧