いつまで動けるのか

最近の世の中の流れは、「内向き志向」「自分と自分の周りの幸せが第一」のように思えて仕方ない。
でも、地球の資源には限りがあり、パイの取り合いに終始し共生を図らないと、破滅に向かうような気がする。
「異分子排除」は、細胞レベルですでに人間に刷り込まれていることだから、
教育とか文化とか意識とかの問題になってくるのだけど。

経済が停滞し、非正規雇用の私が職を失ったら、もうテニスどころではない。
労働条件が悪化し、家族の健康が損なわれたら、私もテニスは続けられない。
社会の不満分子がテロ化し、治安が悪化し、そして戦争が勃発することにでもなったら、テニスの存在そのものが危うくなる。

ということを、このブログで書いても仕方ないので、身近な話題に変えて。

久しぶりにストレッチを受けた。
(時間を守らないトレーナーを解約したことは以前のブログに書いた)
今までのストレッチは痛くて、身体が嫌がって余計に硬くなっていたような気がするのだが、
新しい担当者(私のマッサーである)のストレッチは痛くなく、ソフトで、しかも、
私の問題点(左は固いが丈夫、右は股関節が緩んでいて痛みが出ている)を触っただけで把握し、ケアしてくれる。
ほとんどのトレーナーは、硬い左足ばかりをケアしたがるのだが。さすが優秀。

で、次の日(今朝ですね)、背中からお尻にかけて痛くて起き上がれない。
たまりにたまった疲れが表面に出てきている。
定期的にケアして、動ける身体作りをしなきゃ。
あと2年。宣言したのだから、あと2年、全力を尽くして頑張る。テニス。(相変わらずフォア2度引きらしいし、サーブは安定しないし、ボレーはテンパるし。自分を信じるしかない)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22938208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-06-25 11:38 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧