プロコーチって

スクールをやめて、個人的に同じコーチに週3回ついてもらったら、どうなるんだろう。
普段はインターネット上の情報を全く信用しない私なんだけど、
ちょっとネット検索してみた。
「テニスコーチ」から入り、すぐに「プロコーチ」にたどり着いた。

なるほど!!!
私の最初のコーチはプロコーチだよ。
4,5年ついたけど、厳しいコーチだった、最初のコーチとしては満足している。
「礼儀作法とは」から始まり(初めて打ち合う相手のどこに球出しするか。セルフジャッジはどうするか。ボールを取りに行くときはどうするか。などなど、きっちり教えてもらった。彼は、いつも「タケさんはいずれ試合に出ていくだろうから。もっとうまくなったら、いろいろな人と打ち合うことになるだろうから」が口癖だった。先入観だよなあ、と内心苦笑していたけど)、延々とボレーストローク練習ばかりだった。(サーブは、「さわるな。そのままでいいから」だった。ナチュラル回転がかかってダブルフォルトしなかったから)
それから、並行陣が多かった、今でも、縦ロブ処理の回り込み練習(落とさずボレーで処理して並行陣を崩すな)は役立っている。これ、やったこと無い人が多いんだな、と最近驚いている。

でも、彼は個人レッスンを取らない主義で、私はプライベートレッスンを求めて今のスクールに移ったんだった。
今のスクールの元ヘッドも、同じくプロコーチである。
現在、彼らのレッスンを受けたいかと言われると、答えはNo、だって、テニスが「古い」んだもの。
おもしろくないんだもの。
プロと言うよりは、「職業としてのコーチ」なのかな。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22938447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-06-25 13:36 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧