レッスン禁止(って)

月曜日にサーブの練習でパキッときた太もも裏、
テニス全体のレベルを落としている。
が、ポジション取りの工夫や、流し打ちでコースをつくことで、ゲームはタイで終了。
サーブも回転系は全くダメだが、フラットを素直に打つことでエースをとっていた。

でも、今日のプライベートレッスンは、コーチから「帰れ。帰って怪我を治せ」と追い返された(>_<)
言うこと聞かないなら、今後生徒としてみない、とまで。
どんだけ偉そうやねん、
私は大丈夫だと言ってるのに。
最後まで譲らず(*`へ´*)
「今、練習したら悪いフォームがつくだけだから。老人のタケさんは休め」(笑)

実は、スクールレッスン(プライベート前に別の場所で受講してます)が終わってから、
「なんでここにいるの?タケさんにそのレッスンは意味が無いやん」と、レッスンメイトに率直に言われた。
あまりの直球に、私も「うん、そうかな」とうなずいてしまった。
いつもは、イレギュラーショットでも自分のコートに落ちたら相手のポイント、負けは負け、と思っていた。
でも、どこに飛んで行くのかわからないボール、
後衛ペアの打つボールが手打ちで弱すぎて、前衛(私)の役目が全く果たせないゲーム、
「タケさん一人テニスのレベルが違うよ」と言われて、
素直にうなずいてしまった。

太もも裏に張りがあるだけで、
アウトミスが増え、
横に振られたボールが取れず、
回転がかからない。
でも、上手く脱力できるので、短いボールの処理やコントロールは増す。
サーブもエースの数は変わらない。(力んで強く打っても効果は変わらない)

今できることは、足以外のトレーニング、そして組み立てのイメージトレーニング、
来週には怪我も治しておく。

PS「タケさん、バックハンド上手くなったね」とほめられた。
まっすぐな言葉に、「ありがとう」と私も返していた。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22950349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-06-29 16:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧