今日のテニス練習 スピンロブ

プライベートコーチは、どこに打たれてもしっかり走ってしっかり相手のいるところに返せ、フットワークとコントロールのダブル練習になるから、と言う。
シングルスプライベートコーチは、どんなラリー練習でもポイントを取りに行け、組み立てて攻めろ、と言う。

今の私に欠けているは、ポイントを取りに行く姿勢だと思うから、相手の嫌がることをあえてする。攻撃するようにしている。
今日は、アプローチで出てくる相手に対して、延々とスピンロブを上げ続けた。
「短くなってもいいよ。まずは高さを出すことに注意して、振り切って」と、コーチではなくレッスンメイトに教えてもらって。
私がアプローチに出た時、彼にトップスピンロブを上げられて、
スマッシュにも入れず、ブロックボレーも届かず、あきらめるしかなく、ほぞを噛む思いだった。このスピンロブ、はやくマスターしたい。
(ゲーム中も、彼に山なりのスピンボールを打たれ、前衛の私は後衛に「おねがい」したが、後衛も取れなかった。
「タケさん、今のは取れるやろ」と、彼に突っ込まれたが、
「いやいや、安易に手を出したら、回転系ボールはミスショットになるから」。
でも、二人で暗黙に、「スピンを返球できない後衛なら、バウンドする前に前衛が取った方が安全かな」)

わざと深いボールを打って、あるいは短いボールで体勢を崩させて、ロブを上げさせ、そのボールをスマッシュで叩くのが好き。
相手がロブの体勢に入るとわくわくする。
でも、スピンロブだけはやめて。もうこれはお手上げ。

ところで、並行陣って(嫌いだけど)私は「横割り」で習ったので、
後衛ポジションに入ったら、前衛の後ろスペースは(縦ロブは)回り込んでボレーする。
男子ダブルスは「縦割り」だから、男子ダブルスゲームにお邪魔する時は、センターの足元とショートクロスに意識を向ける。(たまにクロスロブを上げてくる人がいるが、これは喜んでスマッシュする)

今日の並行陣、私が前衛に入った時、
後衛ペア(男子)は縦ロブを追わなかったので、
私は一歩後ろにポジショニングした。
今度は、ショートクロスを攻撃され、後衛ペアはこのボールも追わなかった。
え。なに、それ? どちらも守らないの? 私にロブケアもショートクロスケア(予測できた時は、ネット中央にべた詰めしてポーチする)もさせるの? 

久しぶりに中級クラスにお邪魔したので、サービスゲームの時、「どこにサーブを打ちますか?」と、尋ねた。(いつも組む人たちは、私がファーストサーブで必ずポーチに出ることを知っている)
ポーチに出ても良いのか、ステイしてほしいのか、聞きたかったのだが、
きょとんとして、それから、「じゃ、ファーストはセンターに打とうかな」と言ったので、勇んでポーチした。が、コースは相手のクロス&フォアハンド側で、見事に私の横(ストレート)を抜けた。
え? まあ、いいけど。私もノーコンだし。
でも、「今のはフォルトだった」で、もめ始めた。
(-_-;) 私はサービスからの組み立てをしたいのに。フォルトでもインでもどちらでも(練習だから)いいんじゃないの。

と、ぐだぐだ書くが、水曜のレッスンメイトたちは、こんなぐだぐだを率直に話せるから好き。
はやく「受け放題」システムをやめて、いつものメンバーで静かにレッスンしたいなあ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22953474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-06-30 18:42 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧