なぜアウトするのか

セレナ VS マクヘイルの試合を録画で見た。
セレナがジャストアウトを繰り返し、泣きそうな顔をしたり、ラケットを叩きつけたりするのを見て、すごくすごく共感した。
レベルは全然違うが、私もよくある。
同じように打っているつもりでも、なんでアウトミスを連発するようになるんだろう。

よく言われるのは、
「ボールを前に押し出すように打っているからだ。もっと上にこすりあげるように打って」というもの。
これをすると、ラケット軌道がぐちゃぐちゃになって、いつまでもストロークが身につかない。
テニスを始めて10年近くになると、ストロークの軌道自体は安定し、その軌道の中にボールを入れるように打つから、
軌道を変えることにあまり意味は無いと思う。

足が動かなくなって(それはメンタルが原因かもしれないし、疲労が原因かも、老化が原因かもしれない)、打つ時に後傾姿勢になりラケット面が若干上を向く、だからボールが大きくアウトする。
あるいは、揺さぶられて疲労がたまり、ラケットを振り切れなくなって、
→ボールに回転が十分かからず、ボールが最後に落ちきらない
→あるいは打点が若干後ろになり、アウトする

いずれも「若干」なので、本人は何が起こっているかよくわからない、
だから、コーチの一言ですぐに修正できることも多いが、
コーチがいない試合コートでは、
へたくそなドロップでも、「なんちゃってスライス」でも、なんでもいいから、
「別のこと」でポイントを取りに行くしかない。
(セレナのドロップは解説者にけなされまくっていたが、それでいいと私は思う。とにかく勝ったんだし。試合後に、コーチとアウトミスを修正してくるだろうから)

今、トッププロの試合を見ながら、
いつもプライベートコーチに言われていることをやっと少しずつ理解できるようになっている。
(レッスンを受ける「受け皿」が私の中にでき始めてきた?)
ブログでぐだぐだ思うことを書き綴るのはいい、テニスノートでは「書き捨て」のようになってしまうから。

PS それから、プロの試合を見ていて、サーブって本当に大事だなあと思う。
ファーストから「入れに」いく必要は全くない。思い切って振っていかないと、サーブはいつまでたっても習得できない。
だから、セカンドサーブが本当に重要。
私はまだサーブの軌道ができていないから仕方ないんだけど、はやくセカンドの練習がしたいなあ。(コーチは、「ファーストが打てるようになったら、セカンドは自動的にできる。トスの位置とグリップを若干変えるだけでいいから」と言う。
本当かなあ…???(まだ「受け皿」できて無いやん、私(笑))。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22960984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-03 12:13 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧