もうすぐ2年、プライベートレッスン、まだ半年、シングルスレッスン

9月で丸2年になるテニスプライベートレッスン。
場所も時間もある程度自由になる立場のコーチだからこそ、ずっと継続できている。
師弟関係が築けてきたからなのか、あるいは元々のコーチのキャラなのか、率直な物言いは私や(特に)家人の絶大なる信頼を得ている。

今年に入って担当してもらっているシングルスプライベートコーチのレッスンは、半年経過した。
私に欠けているものを的確に判断して、冷静にレッスンを組み立ててくれる。声を荒立てられたことは一度も無い。
昨日はサービスゲームを淡々と、そして延々とさせてくれた。
ポイントがかかると、自分のサーブとゆっくり向き合う余裕が無い。
打つだけのサーブ練習では、その後の組み立てまで考えられない。
フォルト連発でも、何も言わずにリターンポジションに立っていてくれた。
入るか入らないかということしか考えられなかったのが、
次第に冷静になり、
コースをついて打てるようになり、
リターンの次の展開まで考えるようになり、
そして最後には、自分の課題が恥ずかしいほどはっきりした。

シングルスプライベートレッスンも、これからずっと継続できたらいいなあ。

PS プライベートコーチが、
「自分では気づいてないだろうけど、タケさんのテニスは、
2年前に比べたら雲泥の差だよ」と、言われた。
(^O^)/そ、か。今の私は「雲の上の人」なんだ!
と、思っていたら、直後に雷が落ちて、
「泥沼に立って打つようなテニスはやめろ。
下半身で打て。何があってもビクともしない安定したテニスをしろ。
いつまでも手で打とうとするから、すぐに崩れる」
💦え。(~_~;)わたしはもしかして「雲泥の差」の「泥」の方なの?(笑)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22988952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-12 07:05 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧