サーブ

今日のプライベートレッスンは、一人でサーブを打ちながらコーチを待っていた。
💦(~_~;) 入らないよ。一人で黙々と。

やがてコーチが到着。ピリリと空気が張りつめる。
冷や汗が流れる。どうしていつまでもサーブが安定しないんだろう、コーチ、ごめん、不肖の弟子で(>_<)。

「グリップを少し厚くしてね。タケさんの場合、手首が固くてしならないから」
手首は本当は柔らかいんだけど、故障するからテーピングで固めてる。

「じゃ、両サイド5本連続でサーブを入れたらレッスン始めよか」

いやいや、そんな難題出されたら、日が暮れてしまうよ。レッスン始まらないよ。
ブツブツ言いながらサーブを打つと、難なくクリアしたのでした。
え〜。なんで?あんなに入らなかったのに。

「は? できて当然でしょ。これだけ練習してきたんだから」

コーチを拉致してグルグル巻きにして、いつもテニスバックに入れていたい。
私は、コーチがいたら無敵になるような気がする。
(でも、どこでも構わず雷落とされるのはうるさいから、やっぱりやめる)



[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/22993195
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-13 17:54 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧