今日のレッスンは収穫ばかり(^O^)/

代行コーチは、
「タケさん、全力で打たせてもらいますね」と宣言して、
お手本のようなきれいな強いストロークを打ってくれた。
バウンド後、ボールが伸びてさらに威力を増すので、
私は一か八か、バウンドと同時にラケットを振り出す。
左手を打点と見立てて、ラケットを放り出すように。

そうしたら、コーチのラケットと身体が弾かれるように後ろにのけぞった。

これか。
プライベートコーチがずっと私に言い続けてきたこと。
スイングの中に打点を入れる。

何度も同じタイミングで打ち続け、何度もコーチの返球を詰まらせた。
(もちろん、ゲームになったら、コーチは回転量を変えたりスピードを変えたりして、私のタイミングをずらせてくるだろう。
相手が打った瞬間にボールの軌道を見極められるようになるにはまだまだ長い時間がかかるし、ミスも量産するだろうし、負け続けると思う。
でも、来たボールにその都度ラケットを合わせて打っている限り、ストロークは習得できない。プライベートコーチの言ってる意味がわかったよ)

形式練習では、
代行コーチがサーブを打ち、私はペア前衛ポジションに入った。
コーチはセンターにピンポイントでサーブを入れてくれる。
だから、私はアイフォーメーションを試してみた。
おおお。(ストローク力ある)男性リターナーが一球もリターンできない。
センターにサーブが入り、相手前衛がセンターにネットべた詰めすると、打つコースが無くなるのだ。
(最後に、センター目掛けてリターンし出したので、私はボレーでポイントを取り続けた。
後方から来るサーブが自分の頭を超えた時点で立ち上がり、
視線が上に移動しながらリターンボールを見極めてポーチに出ないといけない。反射神経と足の強さが問われる、難しい)

サーブは本当に重要。
コーチのサーブが安定してコースをつけるから、前衛が機能する。
でも、その私の課題のサーブ、「打球音が変わったね」と言われた。
プライベートコーチがいなくても、プライベートレッスンの時と同じようなサーブが打て出しているのかな。

それからスマッシュ。
上の打点を初めて感覚としてつかめた。
フットワークで打点の下に入り、同じフォームで延々と打てた。
ストロークと同じで、ボールに合わせるのではなく、スマッシュのスイング軌道にボールを入れる感じ。

今日はどうしたんだろう、目からウロコのことばかりで、少し怖い。
涼しくて、昼寝を2度もしたから?

PS そして、もっと怖いこと。
前回のレッスンで汗まみれのウエアをロッカーに忘れて帰り、
私のロッカーは今日、異次元異臭地獄と化していた。ひょえ〜〜。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23002100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-16 22:21 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧