今日のプライベートレッスン

ストロークは安定した。
「最近見違えるようにストロークが良くなったけど、どうしたの?」と、コーチにも聞かれたので、
ある日突然赤ちゃんがよちよち歩き始めるように、
(練習してきたことが自分の中でいっぱいになって)突然ストロークが理解できた、と答えた。
ボレーストロークになると打点がズレてミスも増えるが、確率を上げていけばいい、あまり気にしていない。

「ボレー練習しようか」と言われ、ボレー&ストロークのボレー側に。
ボレーは得意なはずなのに、
コーチのボールは軌道がすべて違うのでリズムが取れない。
右にボールが来ても右足がスムーズに出ないし、
沈むボールで一歩前に出ると、すぐにロブが上がる。
ロブが取れないなんてめったに無いのに、
元のポジションに戻ることもできなくなっている。(>_<)(~_~;)

足が思い切り疲れたところでサーブ練習。
全く入らない。
「酔っぱらいのサーブ」と笑われる。
サーブは足で打つんだと、納得。
自分が打ったボールを走って拾いに行かされ、延々とサーブ練習。
身体の軸!と怒られたら、私の身体は真っ直ぐになり、
腰の回転!と怒られたら、打球音が変わる。
入れろ!と言われれば入る。
いつもの通り、私の頭脳をすっ飛ばして、サーブの修正終わり。何があったんだ?理解不能。(笑)

PS トレーナーが変わって3回目のストレッチ。
「タケさん、筋肉若いですね〜。もう私の言いなりですね」
全身の筋肉がリラックスして緩んだらしい。
不覚にも気持ちよくてウトウト。あれほど痛かったストレッチなのに。

PS シングルスコーチが「テニスって楽しいでしょ。楽しみたいでしょ」と、みんなに訊いた。
私の場合、「楽しい」っていうのとは少し違う。
私はラケットを持つと、世界が変わる。空気が変わる。音が変わる。
ボクシングリングに上がると、時の流れが変わるのといっしょ。
何ものをもってしても代わりにはなれない、とても大切なもの。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23041020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-27 17:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧