ストロークがわかればサーブも!

同じことをずっと言われているんだけど、こちらが成長すれば、理解度も激変する。なるほど~~~~!と思うことばかりの最近の私。

ストロークは、ボールがバウンドしたところで振り出していく。
だから、打点がずれることもしばしば。
「相手の動き、相手の体勢を見て、ボールの軌道を判断できるようになってね」と、コーチの指示もレベルアップした。
ボールにラケット面を合わせる打ち方は、確率は上げるが、ストロークの基本は身につかない(常に振り遅れの状態になる)。最初からゲームをたくさんこなしていると、このレベルからの脱却は難しい。

サーブ。
コーチは、スクールで教えるサーブ(ラケットを横に振りだして、巻き込むように振り下ろす)と、
コーチが教える(まっすぐ上にラケットを振り上げそのまま左わきに振り下ろす)サーブを打ち分けてくれた。
私はリターンポジションに入る。
ラケットを横に振りだすサーブは、スライス回転はかかるが、バウンド後減速する。
深いサーブでも、なんとかブロックリターンで返球できる。
ラケットを上から振り下ろすサーブは、バウンド後速度を増して伸びてくるので、ラケットでブロックするのも難しい。(トッププロOコーチと同じサーブだ!なつかしい)
「このサーブを打つのに、力は要らない。
身体の使い方さえマスターできれば、肩にも負担はかからない。(ラケットは「横に」振り出すのにボールは「前に」飛ばさなければならない打ち方は、パワーロスがあり肩に無理な負荷力がかかるのわかります?)
ただ、スライス回転をかけた方が安定して入る。だから、スクールではこの打ち方を教えるんです。
そして、男性はこの打ち方のまま力を入れて、肩を痛める」

サーブ習得には1年かかる、と言われていたが、
私の場合、古い癖もあるので、(そして、スクールで他のコーチのレッスンを受けているので?)、もっと時間はかかりそう。
でも最近、コーチの言うことが理解できるようになってきた。そして、私が理解できているのがコーチにもわかるので、レッスンの内容もさらに面白くなってきた。
(ああ、1年間サバティカルがほしい。って研究せんかい、自分)

PS 暑さに弱い私は、時々バテて吐きそうになる。その瞬間に、コーチは休憩をとる。
「足が動かなくなってくるからね」と、もろバレ。💦💦
PS 私のコーチは「資格」にはあまり興味は無いんだそう。
「選手を育てるコーチも必要だし、市民レベルを教えるコーチも必要。
選手たちは、そもそも多くを言わなくてもできるようになるからね」
へへへ。私のようなものですね、何でもすぐにできるから。
と返したら、しろ~い白~い目で私を見て、「さ、レッスン始めよ」と言った。
え。え。え。私って運動万能・器用だと思うんだけど。コーチの目に映る私って、なに?(-_-;)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23045171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-07-29 12:23 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧