サーブのトスとか、バックボレーの腕の形とか(T_T)

たまごがかえったら、なんと、ピカチューが出てきたよ☆
(≧▽≦) テニスの帰りにピカチューをゲット。
やっぱり、ゲームでも私の武器は「足」だった。(ってなんのこっちゃ)

太る一方で、
しかも高齢女性の悩みドライマウスのせいもあって、
水分補給は「真水」と決めているが、
今日は、あまりの暑さに、家人が置いてた「電解質補給」タブレットを溶かしてテニスに持っていく。

レッスン開始後30分経って、やっと足が動くように。
やっぱりアップしておかないと、身体は動かない。
電解質補給のおかげで、レッスン後半になればなるほど身体は動いた。
いつもなら、この暑さのせいで、15分以上走っていられないんだけど。
すごい。真水ならこうはいかない。(試合の時は、このタブレットを持っていこう)

隣のハードコートでは、全日本ジュニアの選手たちが練習をしていた。
後ろと横から、トスの位置を確認する。(私のPコーチも、私の後ろと横に交互に立ってフォームチェックをしてくれる)
う~ん。後ろから見ると、やはりトスは頭の真上だ。
(横から見ると、ネット側であったりサーバーに近かったり、ファーストとセカンドで若干違う)
スクールでは、ベースラインに沿ってあげるから、身体の横(ネットに対して横を向いているサーバーにとっては目の前)になる。これでは、高い打点では打てない。
回転はかかるけど、力は伝わらない。
このトスが、左サイドから私は正確に上げられない。

それから、定期的にPコーチに怒られるバックボレー。(土曜夜のコーチにも同じ注意を受ける)
スクールでは、ひじを伸ばしてバットを振るようなバックボレーを教えられる。
「ひじは曲げてね。手を伸ばしてボールに近づくんじゃなくて、左足を入れてね。(そして余裕があれば右足を前に踏み込む)」
小さなジュニアでも、ボレー&ボレーでちゃんとできてるよ。

それから、ショートラリー。
あああ。Pコーチに教えられて、つかの間できるようになってた「身体のひねりもどしで前打点で」打つラリー。できなくなっていたよ。ジュニアたちはみんなできてる。

ジュニアのテニスは、なんでこうもスクールのテニスとは違うんだろう。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23094631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-08 22:59 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧