フォアの回り込み

テニスを始めたころ、私のそばには業界のテニスチャンピオンがいて、
「不思議だけど、タケさんは、(本来なら)一番難しい逆クロスが得意なように思う。
だから、ダブルスではバックサイドに入ってね」と言われていた。

1年半ついたOコーチには、
「やっぱりタケさんは私といっしょ、フォアの逆クロスは私たちの武器ですね」と。
(「私たちのプレイスタイルは似ている」と言われるたびにうれしかった)

土曜のインドアハードコートでは、気持ちよく打てていたフォアの回り込み逆クロス。
なぜアウトドアオムニコートだと打てなくなるんだろう。
暑くて足が動かない?
ボールが上に跳ねて、身体に近い打点になっている?
打つタイミングが狂っている?

フォアの順クロスが打ち遅れるので、
Pレッスンでは、フォアサイドのラリーしかしない。
いつのまにか、フォアの順クロスの方が違和感なく打てるようになった。
(苦手なフォアからのサーブばかり練習するうちに、いつの間にかバックから打てなくなったのといっしょかな?)

う~ん。フォアの回り込み逆クロスの確認がしたいなあ。

今日は、枯れ始めている植木の水やりにセカンドハウスへ。
めんどくさい。
キュウリもなすもスーパーで売ってるやん。(しかし、庭で取れた野菜でご飯を作ると喜ぶ家人の顔を見ていると、しゃあないか)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23095391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-09 08:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧