クロスからストレートへの展開

シングルスでは、クロスラリーがベースになり、
そこからストレートへとしかけて、相手を崩す。(同時に自分も崩れる可能性がある)
(消極的にクロスラリーに終始するのは、自分のプレイスタイルではない。
ムーンボールに終始するダブルスが自分のプレイスタイルではないのといっしょ)

そのストレートへの展開、
私は、相手のボールが短く弱くなったチャンスボールの時しか打てない。
相手のボールが深いと、ロングアウト、
相手のボールが強かったり回転がかかっていると、サイドアウトする。
自分のテニスレベルを考えて、「攻め急がない」ことが大事。

でも、昨日のシングルスプライベートレッスンでは、
「失敗してもいいから、攻撃の形を考えて打ってみて」と言われた。
相手がクロスに走ったら(返ってきたボールが深くても)、ストレートに展開するようにしてみた。
上手く入らなかったが、
それでも、このボールが打てるようになったら、確実に相手を追い込める。
「打てるようになる」のは、自分の技術の向上。
能力が無い間は「待つ」のが、ゲーム戦略。

昨日はストレートのミスばかりでラリーは一方的だったが、
「考えるな。感じろ。考えて動かず、身体に任せろ」と、自分に言い続けた。
考えるのは、翌日になってからでいい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23095499
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-09 09:33 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧