スクールでもらうアドバイス

スクールレッスンはたくさんの人とボールを打ち合いたいから参加している。
あるいは、ゲーム形式練習をしたいから。(ダブルス志向の無い私には必要ないんだけど)
集団でもらうアドバイスは、疑問に思っても質問できないし、その後のフォローもしてもらえないし、
聞き流すようにしているが、それでも気になって仕方のない時もある。

「ライジングは打点に視点を残して」
私がライジングを必要とする時は、
相手に深いスピンボールを打たれて、後ろに下がるのが不利だとわかった時。
緩く飛んでくるので、バウンド直後の打点を見て打たなければならない。
(Oコーチは、振り子のように振れ、と言っていた。ラケットの軌道も変わる。前にラケットを振っていけ、できれば足も前に出せ、ラケットの軌道は変えるな、身体を上下移動させるな、と言っていた)
でも、コーチの球出しは、滑るように速く飛んでくるスライスボールなので、
最後までボールを見ていると振り遅れる。
(実際、レッスンメイトの打つ球はすべて外へ外へと逃げていくストレートアウトボールだった)
この練習をボールかご4かご分したのだが、
コーチの言うことを聞いていると、どんどん打点が後ろになり、顔が下を向くようになり、身体も前傾するようになる。
バウンドした時点で、いつもと同じストロークフォームでラケットを前に振り出していく。視点は前、ネット方向。私の場合はこれでいい。

「サーブレシーブは、ラケットを振らずボレーのように」
ブロックリターン練習は、Oコーチのプライベートレッスンで集中的にした。
彼女は、60分間、コースと球威を正確に打ち分けて延々とサーブを打てる(数少ないコーチ)。
コースをクロスに限定したブロックリターン練習からはじめ、
「打てるときは打っていきましょう。
セカンドはリスクを冒してストレートに打ち込んで」と、次第に指示も変わった。
だから、コーチの球出しリターン練習は、振り切って打ちたい。

最後のゲーム、相手はサーブ&ボレーをする男性で、
前打点でリターンする私のボールに順回転がかかっていて、ファーストボレーはすべてミスになっていた。
コーチは「ナイスリターン。足元に沈めているね」とほめてくれたが、
私に沈める意識はなく、いつもの通りのストロークをしているだけ。

リターン練習から始めると、
クロスラリーで振り遅れ始める。
身体がネット方向を向くようになるから。(打点に回り込んでボールの後ろから打つフットワークを忘れる)

プライベートレッスンなら、
弊害が出れば、その練習に時間をさけるし、
自分に合わないアドバイスだったら、反論もできるし、
それでもコーチの指示に納得いかなければ、コーチを変えることもできる。
アドバイスは生徒のテニスに影響を与えるし、
10人近くの集団レッスンでは、とても難しいんじゃないかと思う。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23107086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-14 09:32 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧