強くなるために周りを気にしない

毎日新聞8月16日夕刊2面に、錦織を育てた盛田ファンドのことが紹介されている。

グランドスラムの試合前に、
日本人選手だけが周囲を気にして控室の隅っこにいるのを見て、
これではすでに試合前から負けている、と思い、
「強くなるためにはどこに行っても周りを気にしない。
勝つためには自分のペースをきちんと守る。
試合に入れば集中するし、誰がどう思うかは考えない」
そんな、世界で活躍できる、自分の力を最大限に発揮できる選手を育てようとして、盛田氏はファンドを設立したと書かれている。

「自分が(世界の)中心にいるという考えの持ち主が大舞台で勝てる」と、松岡修造もコメントしている。

私は最近、子供の頃の自分に戻りたいと思っている。
歳を取ったら、子供の頃の夢をもう一度追いかけることが許されるらしいから。
世界の中心は自分と信じて疑わなかった「私」に。欲しいものは迷わずまっすぐ取りに行く「私」に。
ブーイングを受けても平気だった「私」に。

とても共感した記事だった。
自分のテニスが自分のボクシングがどうのこうの、と言う前に、
次世代を育てる立場にいる人間として、私も「錦織の強み、マイペース」を持った若者がもっと育ってほしいと思うから。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23112635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-16 17:02 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧