ゲームの中でサーブが

前日のテーマレッスンで、初動動作を変えたが、
上級クラスレッスンの最後のゲームでサービスが私に回ってきた。
「時間が押しているので、やめますか?」と、コーチも助け船を出してくれたが、
「やります」と。

1本目のサーブ、ネットを越えず、自コート真下に打ちつけるという信じられないダブルフォルトで、
コート内に冷たい空気が流れる💦💦💦
ど~~~しよ。
打ち慣れているフォームに戻して「入れに」行くのもあり。
でも、それでは進歩は望めない。
手の甲からテイクバックする、頭の後を通って小指側から上に打ち上げる…
(まだひじが上がってないような気がするし、もう少しきれいな放物線を描いてほしいが)
ヘッドが走る感じ、相手コートに入ってからボールが落ちる感じがいきなり分かった。
相手のリターンミスもあったし、リターンで押される場面もなかった。

時間がたつと崩れてしまうだろうから、
これから定期的に彼女のレッスンを取ろうと思う。
(3人目のコーチになるけど、気にしない)

上級クラスの生徒さんたちのサーブは、
まったく触れない「回転系」のサーブを打つ男性、
ブロックリターンしかできない「フラット系スピード」のサーブを打つ男性、
コースをついてくる男性、
いずれも、私のサーブとは比べ物にならない。
このクラスで大きく劣っている私のサーブ。

でも、プレッシャーから逃げなかった自分、
習ったことを実践し続けた自分を、今日はほめたい。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23139234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-08-19 08:37 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧