つなぐ=ゲームをゼロに戻すこと?

久しぶりにレギュラーレッスンに入った。

まず気が付いたのは、(ダブルス想定のスクールレッスンではあるけれど)
つなぐ場面が多いこと。
ボレーを深く返して、ゲームをゼロに戻してしまう。

フランスで一番厳しく注意されたのが、
センターにふわりと短く上がったボールを、相手に深く返してしまい、その後パッシングで抜かれた場面。
次の日に、何度もこの練習をした。(浅くサービスコーナー角に返してポイントを取る)
日本だったら、この深いボレーは(ミスしなかったんだし)注意されることは無いんじゃないかな、と思う。

攻め急いだり無理をしたりしてミスをした時も、もちろん注意されたが、
(プロの試合しか見ていないので、「無理」な範囲がプロより大きいことを忘れてしまう)
それでも、日本のテニスは、「ミスをしないよう」「慎重に待つ」分、攻めが遅いように思う。
深いボレーは、アプローチで前に出る時に、相手後衛を後ろにくぎつけにするため(相手より自分が先にネットを取るために)使う。
それ以外は使うな、と言われたほど。

フォアはスピンがかからず大きくアウトするし、
バックはフォームを変えて打点を遠くに取らなきゃいけないのが難しい。
同じく、リターンで大きくテイクバックしてしまう。
のだけど、脱力を心がけると、ボールの勢いが増した。
コントロールがまだできないので、私のボールをよけられない女性が相手だとヒヤリとする。

サーブは、肩甲骨周りが気持ちいい、ストレッチをした後のように軽くなる。
そして、良いサーブが打てている。(フォルトはするけど、ファーストは50%入れば十分らしいから、気にしない)

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23189205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-09-04 09:17 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧