今日のテニス、Pレッスンと集団レッスン

なんだかパッとしない私のテニス、
仕方ないか、1週間フランスでレッスンを受けたからと言って、それですぐにテニスが劇的に変わるわけでもない。
コーチがよく言っていたっけ、
C'est normal. 想定内。

私のフォアハンドストロークって何か変わったのかなあ、相変わらず私にはフラットに見える、自分の打ったボール。
そうか、回転をかけるためには、一気に振り抜かないと、回転がかからず大きくアウトするんだった。
もっと自分を信じて、思い切って一気に打たなきゃ。

バックハンドストロークは、
大きく振られたときや、スライスで外へ外へと滑っていくボールを打たれたとき、
私は左手1本で返していた。すぱ~ん、と。
この左手で打つ感覚、身体の詰まった感が無く、気持ちいい。
高い打点も、左手のフォアハンドストロークのように返している。
フランスでの成果の一つ。

でも、ボレーは、大きく振られたら左手を離して右手で返す。
バックボレーは、きっと片手ボレーができるはずなんだ。

ダブルス形式練習で、私が後衛に入った時、
ペア前衛がぎりぎりまでボールを追って、最後に、「ごめん」と前を向かれると、
打てません。

私がスクールに通うようになったころ、
「タケさん、「ごめん」は要らんから、そこのいて。打てないから。じゃま」
と、よく言われてた。
日曜の「実質上級クラス」でも、
私がポーチに出てボールに届かなくて、「ひゃあ」と頭を抱えていたら、
後衛ペアの男性が回り込んでフォローしてくれ、思わず「ありがとう」と言ったら、
コーチが、「ありがとうは要らんから、その場でしゃがむか、寝転がるかして。
後衛さんの打つコース無いから」と、怒ってたなあ。
ほんと、「ごめん」はいらない、「you」でいい、ただその場所からのいてほしい。

それから、私が前衛の時、
後ろから「はいはい」と、ボールを追いかけてこないでほしい。
スマッシュを打とうとしているのに気が散って仕方ない。

相手が(コーチが)スピンロブを上げ、
前を向いたまま追いかけて、頭上を越えベースラインに落ちた時、
「ごめんなさい、今度は絶対に取ります」と言われても、
それは取れないし。物理的に無理だし。
私に任せてほしい。

私がいっぱい先輩やコーチに言われてきたこと、どうしてみんなは言われないんだろう。

シングルスだと思って、オウンコートにオープンスペースを作る覚悟で、
全部のボールを追いかけよう。
そして、味方前衛と相手前衛を越えるボール、フランスで習ったballotte(うまく打てればスピンロブ)を打つ練習しよう。(うまく打てずに体に当ててしまったらどうしよう…💦)

プライベートレッスンでもパッとせず、スクールレッスンでも良いところがあまりなく、
そうそう、あとゲームを入れなきゃ。シングルスゲームをどこかでしよう。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23198096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-09-07 20:31 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧