バックの高い打点をどう打つか

フランスで直されたバックハンドストロークの打ち方。
私の「2度引き」と、両肘が曲がる癖を直すためなのかもしれないが、
(「違和感があったら、このアドバイスは無視していいからね」と言われた)
両手を伸ばし、脇から離して、(最初、右わきにボールを挟んで練習した)
左腕を下に降ろしたまま後ろに大きくテイクバック、
そのまま上に振り上げる、身体を回転させない。
(「フォアを打つ時も身体を回転させるな、後ろ足を前に出すな」と何度も言われた。
これは、Pコーチと同じ指示で、シングルスPコーチとは異なる)

その結果、私は左手でバックを打つ感覚になった。
特に、遠いボール、スライスの低い弾道のボールが、簡単に取れるようになった。

「じゃあ、高い打点はどうするの?」と、シングルスPコーチに聞かれた。
あれ?どうするんだっけ?
とっさに答えられず。

私も同じ質問をブノアコーチにしていたんだった。
答えは、「バックの高い打点はみんなに共通する弱点で、
後ろに下がるか、前に出ろ。
高い打点で打たされた時点で、相手に有利な展開になるから」と言われていたんだった。
つまり、バックは高い打点で取るな、と。
練習では、私は後ろに下がってバックを打ち(後ろに下がらされた時の、フォアやバックの打ち方も習った)、
その後すぐに前に戻った。

ゲームの中でどうしても高い打点で打たされた時、
(コーチは、相手に「タケさんのバックを攻めろ」と指示を出していたから)
ボールの高さにまっすぐ引いてそのまま前に振り出していたが(左手で打つ)、
「ボールの軌道を見て、後ろに下がれ。その場で打つな」と言われていたんだった。
ゲームの中では、前に出てライジングで打つ方が簡単なので、
私はバウンド直後に打っていた。

ゲームの中で相手にポイントを連取されていたのは、実は、
バックではなく、センターの短いボール。
このボールの処理も、そしてその後、ロブを上げられた時の対応も習ったが、
まだ定着できていない。

PS 私は、守りに徹する「主婦」テニスが好きではない。
シングルスゲームは、センターラリーに終始することが多い。
そして、このセンターの処理が私には難しい。
(余談であるが、かつての学生Pコーチは、
ベースラインに立って、センター方向への球出しからラリー練習をはじめた。
この練習、今考えても、とてもよかった。
彼にレッスンを再びお願いしたいのだが、なかなか実現せず)

ところで、毎週のゲーム課題は、ベテラン男子プレーヤーにお願いすることにした。
ありがたい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23199105
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-09-08 08:41 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧