メモ動画

ブノアが、レッスン最終日に、動画を残してくれた。
フォア&バックハンドストロークとサーブの見本と、
それから、私の欠点をまねたもの。

日本に帰ってきてから、相談できる人もおらず、悶々と悩んでいたので、
久しぶりに動画を見る。

なるほど。
フォアハンドストロークのテイクバックは、ずいぶん下の方でしている。
だから、右腕は下方向に伸びている。
(私は、ひじを曲げ立てたままテイクバックするので、ラケット面は顔の高さくらいある。
そこからラケットを落とすのは、距離的に無理だ)
腕の位置を変えずラケット面だけを下に落として、前に振り出していく。
前にあるボールを叩くから、ボールは高い位置にある。
(下にたたきつけるような打ち方はできない。
だから、一発で決めることはできず、オープンコートをまず作ってから決める、ということになる。
結果、「待つ」テニスになる。=攻撃するために準備する)

バックハンドストロークのテイクバックは、
ひじを伸ばしたまま身体から遠い打点で、遠心力を使って大きく前に振り出すだけでなく、
私は、脇を開けなきゃいけないって、言われてた。
脇を締めてテイクバックする癖があるので、ひじを伸ばしたままだと、身体の後方までラケットが回ってしまっている。結果、打点までの距離が遠すぎて、振り遅れる。

毎日、この動画を見ていたら、ひとりでもできるようになるのかな。

それとも、日本にいるのだから、日本のテニスをした方が効率いいのかな。
(「だめ」と言われてたんだった(-_-;)


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23211111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-09-13 08:55 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧