今日はシングルスゲーム(≧▽≦)

女子シングルス練習会に参加する道もあったのだけど、
昨日、ベテラン男性プレーヤーに誘っていただいたので、
2時間、シングルスゲームをお願いすることにした。

昨日のブログで紹介した『テニスプロはつらいよ』に登場する関口プロは、
アガシのテニスを真似てガンガン打ちまくって勝てなかったのが、
怪我とコーチのアドバイスを機に、「我慢するところは我慢する、守って攻撃の機会を待つ」ことを覚え、勝てるようになった。

私の場合は、
ゲームプランを作ることで、はじめて女子に勝てた。
(途中、ミスを修正しようとして3~4ゲーム連続して落とした時は、
コーチが「ミスは忘れろ、最初のゲームプランに戻れ。
サーブは攻めろ、攻め続けろ」と、声をかけてくれたことで、勝てた)

でも、日本に帰ってきて、プライベートコーチ二人とするシングルスゲーム形式練習では、勝てない。
ブノアが教えてくれたプランに反することがしばしば起こるから。
(バック側に深く打っているのに、角度をつけたカウンターが返ってくる。
コーナーに深く打っているのに、ストレートに切り返される)
変わったのは、私が悔しがって同じプレイをしようとしなくなったところ。(私には無理。リスクが高すぎる)
昨日、コーチが角度をつけて打ったボールを、アウトジャッジしたら、
「タケさん、嘘つくんじゃない」と、いさめられたが、
反対側サイドに追い出されている私の目には、アウトに見えた。
ボール跡の残らないハードコートでは、これはアウトジャッジされていてもおかしくない(と、コーチ自身が私にいつも説教している)。(笑)
コーチの反論を受け入れて「イン」にしたけど、嘘をついたわけではない。

実は、昨日の夜、急きょ仕事が入ったのだけど、
眠い目をこすりながら昨日のうちに終えた。
昨日も4時間の充実した(=集中力と体力勝負のレッスン)テニスだったが、
今日も、アップをかねてのダブルスゲームと、それから、シングルスゲーム、合計3時間。
ゲームの前は(特に初めての対戦相手の場合は)いつも緊張するが、
プライベートコーチやブノアの言う通り、「練習していることを試すつもり」で、楽しんでこよう。そして、あと2年、けがをしないように気を付けて。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23215999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-09-15 08:46 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧