プライド

女性と1対1で打ち合っていて、結構ポイントを失う。
相手が打つ瞬間、インパクトが遅れて予想したコースから外れたり、フレームショットで短くなったり、
これだけ練習しているのにな(T_T)。ふがいない自分。

上手な方と打ち合う方が、コースが読めるので楽。
と、数年前にレッスン中つぶやいたら、
めっちゃ怒られたことがある、コーチも一緒になって怒っていた、「それは相手に対して失礼じゃありませんか!!!」

はあ。
でも、本当に上手な方(コーチでも選手クラスの方)は、意識的にインパクトをずらして相手を翻弄する。
同じことを無意識にしているだけじゃないか。
受ける方は、コースが読めないから、合わせるのが難しい。これは紛れもない事実だし。

私がテニスを始めたころ、そのスクールで一番レベルの高いクラスに入れられて、
1:1でポイントを競うゲームをさせられたら、1ポイントも失わなかった。(私は足速いし、自分の打つボールがどこに飛んでいくか自分でも不明だったし)
それでも、レッスン最初のショートラリーやボレー&ボレーは、
「タケさんは僕と一緒に」と、いつもコーチに言われてた、「タケさんには早く上手くなってもらいたいからね、特別」と。
誰も私と一緒にショートラリーをしたくなかったんだ、だって練習にならないもん。
それでも、コーチとの1:1のショートラリーで、スライスやスピンのボールバウンドの変化の仕方をじっくり教えてもらったり、ボレー&ボレーのやり方(スライスをかけてインパクトの確認をする、間違っても相手と戦わない)を教えてもらったり、本当に「お得な特別レッスン」だった。
決して私は、「失礼な」と、怒ったりなどしなかった。

プライドの問題、と、ある生徒に言われた。
プライド?
プライドって、「誇り」のこと?
私は家人のことをとても誇りに思っている、バレーボールの試合に負けても家人のことを誇りに思う気持ちに変わりはない、だって「勝つ家人」を誇りに思っているのではなくて、彼女そのものを私は誇りに思っているんだから。

スクールのレベル設定なんて最初から無意味だと思っている、
でも、打ち合っていて楽しい人とテニスはしたい。
打ち合っていてイライラの募る人に負けると、悔しい。それは、対策の立てようがないから。
試合に出るということは、「自分の苦手な」人にも勝っていかなきゃ、ということ。

レッスンメイトに、
「僕のナイスサーブに対し相手が振り遅れて、ストレートに抜かれたとしても、アクシデントだと思って忘れる」と言われたが、
(そして、もちろん彼と打ち合うテニスは楽しい)
そのアクシデントに対しても、対策を持っておくということ。

テニスって疲れる。
今日のシングルス練習試合は雨で中止になった。
ボクシングでトレーニングしてくる。(≧▽≦)。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23254503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-01 10:03 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧