『昨日負けたかもしれない試合に今日勝つための戦略』

a0112944_18122846.jpg
フランスから届いたばかりの本、『昨日負けたかもしれない試合に今日いかに勝つか:戦略の基本』。
なんと著者は、グランゼコール出身である!しかも経済学者ではないか。
マネージメント理論をテニスに応用したのか?

ぱっと目次を見ただけで、びっくり。
コートの広さの分析から、「敏捷性より予測が大事」
コートサーフェスの分析から、最適な戦術の選択
歴史的な戦術の変遷、
「女子テニス」「車いすテニス」「ダブルス」に特化した戦術もある。

今日も雨でテニスは中止。
私は「思考型」ではなく「感覚派」だけど、フランス語の勉強のために少しずつ読もうかな。

PS ダブルフォルトするくらいなら、アンダーサーブを入れろ、と経済学者は説く。
ま、ね。ダブルフォルトは100%ポイントを失うけど、アンダーサーブはたとえ1%でも勝率はあるもんね。
でも、それが「明日勝つ戦略」になるのかな? 今日の試合に勝っても明日には負ける。

PS ダブルフォルトは、トスが原因だとわかっているんだけど、
私が「トス練習マシーンを買おうかな」と、言うと、「実戦で覚えろ」がプライベートコーチの答え。
私も同意見なんだけど。時間がかかる。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23260417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-03 18:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧