大好きなテニスには向かない?

『コーチ』の子供時代を読んでいて、自分とは違うなあ、と思う。

お金持ちの家に生まれ、
勉強ができず、体も小さく弱く、人見知りで内気で、友達もおらず、いつも一人ぼっちだったパトリック。
そんな彼は、周りの人を観察することで幼年時代を生き抜く。
目の前にいるクラスメートが何を考えていて、次にどんな行動を起こすか。
全て手に取るようにわかるようになる。
強い意志力を持つ彼は、1つずつ自分の弱点を自分で乗り越えていくが、その経験が、次第に彼を大人に変える。

私は真逆。
勉強もできて、身体も大きく強く、いつも私の周りには人がたくさんいた。
出来ないことは世の中に無く、他人の存在に頓着したこともない。
私が大人になることは、少しずつ幻滅を味わい、現実を知ることだった。私より頭の良い人、私より運動できる人、私より人気のある人は、世の中にいっぱいいると。
今でも、私は他人に興味が無く、目の前の人の気持ちや考えを知りたいと思うこともない。

だから、基本的に他人との駆け引きが勝負を分ける対戦型のスポーツには向かない。
だから、時々しんどくなる。

『コーチ』は、平易なフランス語で書かれていて読みやすい。
そして、とても共感する。
良い本だ。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23284883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-13 14:52 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧