足が動かない中でのテニス三昧水曜日

ダブルスゲームから一日が始まった。
3:6、2:6で落とす。
ペア前衛が、私が打つたびにズルズル後ろに下がる。
ロブケア?
前に落とされるボールを取れないので、私が前に出て逆雁行になることも度々。
私がアプローチを打って並行陣になっても、後ろに下がる。
しかも、
みんなカウントコールもしないし、ゲームカウントの確認もしない。
私がゲームカウントをしてからサーブを打っているのに、セットポイントになってから異議を唱え出す。
💢ありえん。イラッ。

ボレークラスとストローククラスを受講してから、プライベートレッスンへ。
コーチは定位置に立ち、私を振り回す。
30分でスクールレッスン1週間分の運動量になるんじゃないのか。
このレッスンのおかげでいつのまにか体力と体幹力と走力がついてきたと思う。
でも、真ん中から打たれた左右のボールを、相手のいる真ん中に返すシチュエーションなんてゲームではありえない。

サーブも腰の回転を使って打て、と言われるが、
入ったのは10球に1球ほど、確率1割なんて、ゲームでは使えない。

火曜のシングルスゲームも今日のダブルスゲームも、
サービスゲームはキープできるようになった。
確率を重視するようになったから。

ブノアは、何かを変えようとする時にテニスのレベルが下がるのは気にするな、と言った。
来年の夏までにスピンフォアストロークが打てるようになっていて、チャンスボールでネットに詰め、角度をつけたボレーが打てるようになっていればよし、と言った。
不安になれば、いつでもメールでサポートするから、と。

でも、プライベートレッスンでのサーブ練習やストローク練習は、課題の期限も無ければ次の目標もない、ゲームストラテジーも無い。
この練習でゲームで勝てるようになるのかと聞かれれば、答えはNOのような気がする。

年内には、自分のテニス🎾の方向性を決める。
私はシングルスの個人レッスンを週に2、3回受けたい。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23300323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-19 20:40 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧