もっと前へ、さらに前へ

木曜夜の上級クラスに参加。
コーチは並行陣後衛に入り、私は雁行陣後衛でストローク。
角度をつけて足元に沈めたり、センターに突き球を打ったり、得意な練習のはずなのに、ことごとくブロックボレーでポイントを取られる。
後衛のはずなのに、コーチはネットにベタ詰めなのである。
ロブをあげると、スルスルと下がってスマッシュ、
バック側に速めの中ロブを上げてもハイボレーで叩いてくる。
打つところがない。

レッスン最後に、「タケさんはまだ基本ができていない」と言われる。
前衛でのポジションをもっと前にとれ、
オーバーヘッドは後ろに下がってスマッシュの練習をして、と。
フランステニスと同じ指摘である。そして、女ダブスクールレッスンとは逆の指摘である。

最近、脚の違和感が無くなり、走れるようになった。
ラダーの後ろ向きバージョンをしようと思う。
プライベートコーチにこの指摘を伝えると、さらにレッスンの強度が上がるんだろうな。💦イライラ度も。(-_-;)

良かったこと。
バック側セカンドサーブで、トップスライス回転をかけて打てた、レシーバーの体勢を崩せた。

男子生徒の弾丸サーブをブロックリターンで返し、リターンエースを取った。
ブロックリターン、岡コーチと延々練習した。
元プロの打つサーブは、バウンド後に伸びてきて重く、ブロックするのも大変だった。ひとカゴふたカゴとボールが無くなるまで、打ち続けてくれた。
あ、無理!と、脳のリミッターが外れたとたん、昔の練習を身体が無意識に思い出す。練習は決して私を裏切らない。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23303086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-20 22:20 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧