今日のシングルスゲーム

練習中にドロップをよく打っていた相手なので、
ドロップと判断した時には、2、3歩中に入るということを課題に、試合に入る。
でも、私のボールが弱すぎて、逆を突かれてパッシングショットを打たれることが多かった。

組み立てて打っても、
オムニコートは追いつかれてスライスのカウンターを食らう。
オムニとスライスって相性抜群で、本当に苦戦した。

左サイドからのサーブも入らず、
3:6、2:6、2:6で完敗。

ゲームプランを持って試合に臨んで、結果負けても自分を誇りに思え、とのプノアの言葉を胸に、
次に向けての反省点。

・セカンドは回転をかけて振り続けたが、左サイドからのセカンドは練習し直す必要あり
・相手のサーブが良く、後手後手に回り、
左右に振り回されると、センターにボレーで待ち構えている相手のポジションに無意識に返していた。
これは、プライベートレッスンでの振り回し練習の癖で、意識的に打つ場所を変えなきゃいけない。
・フォアはスピンを打ち続けるが、バックは1度スライスでポイントを取った。オムニで試合をするなら、せめてバックはスライスを使わないと勝てない

来週はアメリカ人のハードヒッターとクレーコートで対戦。
相手のセカンドサーブをコートの中に入って叩くこと、
自分のサーブで攻めること、
ラリーで深く打ち続けることをゲームプランにして、頑張ってきます。

PS ベテラン女子コーチから、
テニスコートに立っているタケちゃんは、人の目を引く姿で、きれい」と言われた。
訳すると、ちゃんと自分の足で立って闘っている姿なんだそう。
最高の褒め言葉です、ありがとう。
「勝つためには、試合に出て経験積んで自分で勝つことを学んでいかなきゃダメ。
人に言われて覚えることじゃない」と言われた。
その通りだ!
でも、サーブはそれでいいよ、もっと上に打っていくと入るようになるよ、と教えてもらった。


[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23306515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-22 12:14 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧