ダブルスに雁行陣は無い?

ムラトグラルーの本が面白すぎたので、
横に置いたまま放ったらかしになっていたテニス戦術の本を読み終えた。
最後の章はダブルスの戦術。

劣勢になったら、前衛は下がる。
攻撃する時は、後衛も前につめる。
雁行陣の形を避けろ!

これが世界でナンバーワンになりつつあるフランスのダブルスである。

今の私はこの理論に賛成である。
後衛にいると、味方前衛が邪魔なことが多い。
だから、アプローチですぐに前につめる。
味方前衛が、ここでさらに前に出てくれると、
縦ロブの処理は回り込んでドライブボレーが打てるので楽である。
相手のサーブやリターンが強い時は、2人で下がり、
体勢を立て直してから前につめていく。

お互いの意思確認ができるペアがいて、
勝ちを求め過ぎず、ゲームを楽しみつつ上を目指していけるのなら、
ダブルスもしたいな。

[PR]
トラックバックURL : http://takevelo.exblog.jp/tb/23316640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by take_velo | 2016-10-26 15:25 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧